黙祷の正しいやり方!捧げる時間は30秒?どれくらいが適当?

黙祷の正しいやり方!捧げる時間は30秒?どれくらいが適当? 黙祷のギモン

黙祷の正しいやり方について、どこまで知っていますか?なんとなく目をつぶり、手を合わせるものというイメージを持っている人もいるかもしれません。黙祷の正しいやり方について今さら聞けない…なんて人もいるのではないでしょうか。黙祷の正しいやり方や、祈りを捧げる時間について、わかりやすく解説していきます。

黙祷の正しいやり方について

黙祷の正しいやり方について

黙祷という言葉こそ聞いたことがあっても、正しいやり方について意外と知らないものです。親から聞いてやり方を知っている人も多いかもしれません。

黙祷という漢字からもわかるように「黙」だまって「祷」祈ることを黙祷といいます。

まずは、黙祷の正しいやり方についてしっかりと押さえておきましょう。

黙祷の一般的な手順は以下の通りです。

  • ・まずは目をつぶる
  • ・手を合わせる
  • ・頭を深く下げる

黙祷を辞めるタイミングは「お直り下さい」やサイレンの音が鳴りやむタイミングです。黙祷とは、あなたの心を冷静な状態にして、黙って祈りを捧げることです。祈りが亡くなった人に伝わるかどうかは関係なく、あなたの思いを伝えることが目的です。

黙祷をしている間に、日常の報告をしている人もいますし、亡くなった人に対して安らかに休んでくださいと祈る人もいます。黙祷は宗派による違いはありません。仏教やキリスト教、神教など宗派によってやり方が変わることもありません。宗派に関係なく祈りを捧げられるのが黙祷でもあるのです。

黙祷には決まった決まりがないものもある

黙祷には「決まり」がないものもある

黙祷といわれると、決まったやり方があるものだと思っている人もいるかもしれません。一般的には先ほど説明した、一同が起立し、目をつぶり、手を合わせ、無言で行う方法を思いうかべるのではないでしょうか。なかには手を合わせずに黙祷を行う人もいます。

頭を下げて黙祷をするかどうかは、人によっても違います。一般的な方法をしていないからといって、黙祷ができていないわけではありません。黙祷について、明確なやり方が決まっているわけではないことも、覚えておきましょう。

式典に参加したときは黙祷をするときにアナウンスが入り「目をつぶって黙祷」といわれることがあります。この場合は、アナウンスにあわせて黙祷を行う場合もあります。

黙祷のやり方がまわりと違うと「恥ずかしい」と思ってしまう人もいるかもしれません。決まった形がなく、心のなかで祈りを捧げることが大切ですので、違うやり方をしていても心配する必要はありません。あなたの祈りを伝えるようにしてください。

黙祷の時間は30秒から1分

黙祷の時間は30秒から1分

日本では平和祈念式典や追悼式典にて、1分間の黙祷を行うのが一般的です。テレビでも放送されているので、見かけたことがあるのではないでしょうか。そのため、黙祷といえば1分間行うものだと思っている人もいるかもしれません。実は黙祷を捧げる時間には厳格な決まりはありません。

式典の司会者の判断によっても変わってきますので、時間に縛られることなく、そのときの式典に合わせ行うようにしましょう。式典によっては黙祷に合わせてサイレンが鳴るので、音に合わせて黙祷を行います。黙祷の時間を厳格に測っている式典もありますが、それぞれ違うということも覚えておきましょう。

まとめ

黙祷の正しいやり方については、目をつぶり、手を合わせ、頭を下げるのが一般的です。なかには手を合わせない人もいますし、目をつぶるだけの人もいます。黙祷は宗派も関係ない自由なものなので、形にとらわれる必要はありません。

黙祷を通して、あなたの思いや亡くなった人に語り掛ける機会でもあります。30秒から1分程度の時間で、心のなかの思いを整理しつつ、黙祷を捧げるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました